« 北米遠征5日目 バイバイ シアトル | トップページ | 北米遠征7日目 シカゴ到着 »

2009年10月 7日 (水)

北米遠征6日目 アムトラック

091007sleeper シアトル発シカゴ行きのアムトラック Empire Builderは、定刻通り10/6の16:40に出発しました。今回は寝台車を利用しました。アムトラックの寝台車に乗るのは初めてでしたが、想像していた以上に広々としていてゆったりとくつろげました。寝台車はすべて個室になっていて、私が利用したRoometteという一番安い定員2名の部屋は$216でした。091007sleeper2 一人で使っても二人で使っても値段は同じです。別途運賃が$135必要です。

寝台車は、サービスが充実していました。まずはウェルカムドリンクとしてシャンパンがサービスされました。コーヒーやソフトドリンクも無料で飲み放題です。寝台車の乗客は、旅行中の食事はすべて無料になります。091007dining シカゴまで6食分を別途支払ったとしたら$80~$100ぐらいかかります。寝台料金の半分ぐらいは食事代と考えれば、45時間個室でゆったりと過ごせて、2晩しっかりと横になって寝れるのは非常にリーズナブルだと思いました。091007panorama

食堂車では必ず相席になります。乗客は年輩の方が多く気さくな方ばかりでした。初めて顔をあわせているにも関わらず会話がはずんでいました。列車の旅が好きでのんびり車窓の風景を眺めながら旅を楽しんでいる方々です。ただ自分の英語力が足りず話している内容の半分も理解できなかったのが残念です。091007snow マンツーマンでのコミュニケーションはとれるのですが、こちらの人同士の会話にはなかなかついていけません。まだまだ勉強し修行を積まなければなりません。食事の時間は、英語の実践の時間でもあり、その点では有意義な時間でした。そして、自分の部屋に戻れば、リラックスした時間が過ごせます。

ちなみに初日の夜は、ステーキを食べました。アメリカらしい赤身のしっかりとした歯ごたえのあるステーキです。たっぷりとプロテインを吸収できました。デザートもしっかりいただきました。午後には、ワインの試飲会も行われチーズと4種類のワインを堪能しました。

091007farm_2 車窓の風景は、実はあまり変わりません。早朝にグレーシャー国立公園内を走ります。この辺は山の中で素晴らしい景色の場所ですが、やがて雪が積もった平原にかわり、雪がなくなり、ただの平原がひたすら続きます。何時間走っても景色は変わらず、ひたすら平原が続くのです。これが大陸の風景なのですが、さすがに見飽きてきます。ぼけっと車窓の風景を眺めたりしながら、本を読んだり新聞を読んだりして過ごしました。たまにはこのように動き回らずにのんびりと過ごすのもいいことです。

写真は上から
・寝台車個室1
・寝台車個室2
・食堂車
・パノラマカー
・グレーシャー国立公園は一面の銀世界でした
・車窓の風景は、ひたすら平原です

体重/体脂肪率/睡眠時間
8H

|

« 北米遠征5日目 バイバイ シアトル | トップページ | 北米遠征7日目 シカゴ到着 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北米遠征5日目 バイバイ シアトル | トップページ | 北米遠征7日目 シカゴ到着 »